スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本読み 

20051031012708
僕は最近よく本を読んでます。それが、PCのない事実からの気休めなのだろうかは自分でも分かんないけど活字で埋め尽されたものを読むのは凄い進歩だろうと思う。

読書はきちんとした記述がなければ、文字だけでいかに登場人物の頭のてっぺんからつまさきまで想像したりできる。漫画と違って、ビジュアル的な面は自分で好きに決められる。作者の嗜好に拘泥されることがない。クールでニヒルな幼稚園児や、神と畏れられるはしのえみ似の妹なんて妄想もできるのです。(個人的な嗜好ですけど)
端的に言えば、同人誌を作るオタクと変わんないですよね。ビバ読書。ビバ妄想。
スポンサーサイト

コメント

きちんとした記述がないのはいい加減な本だよね

一概にそう言い切れないと思うぜ。本はこの世で何百万もあるから、じぇんたの主観で決まるわけじゃないし、それは見当違いじゃん。

ていうか、そうすることによって読者に想像させる狙いもあるとか。ないとか。

PCどうしました?

PCはまだないですよ。
これも携帯からの更新。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ctl.blog7.fc2.com/tb.php/159-1b61e42b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。